会社で勤続していてやがてたどり着くのは、定年の時期です。一定の年齢に差し掛かると、会社を引退することになります。一方で、定年の年齢を待たずして、引退したり他の業種へと転職するケースが多い仕事のジャンルもあります。情報通信の業種ではそのような傾向にあり、システムエンジニアは若いうちでなければ務まらないといった認識があるのです。スケジュールが厳しい開発の仕事も多く、肉体的な負担が大きいです。年齢を重ねていくに従って無理ができなくなるため、別の仕事へと転職したり、あるいは開発の上流の仕事へと早期にステップアップしていく傾向があります。

さらに、システム開発にかかわらず情報技術開発の仕事では、コンピューター関連の新しい知識や技術を、常に学び続けなければなりません。この点が、歳を重ねるごとに厳しい仕事の要因としてあります。情報通信技術の業種は変化が激しく、その分野でエンジニアとして働いている者は、常に新しい情報通信技術を習得していかなければならないのです。

しかし、歳を経てくると、新しいことがなかなか覚えられないのが現状です。むしろ、新しい知識よりもこれまでの開発の経験を活かして仕事をした方が有利でしょう。新しいことを吸収するという点では、若いシステムエンジニアには勝つことが難しいです。そのため、システムエンジニアとして長く仕事を続けて、定年にまで勤められるようにするには、年齢相応の働き方を心がけて、スキルアップや転職を行う事もまた方法でしょう。