コンピューター関連の、システム開発の需要が増えるに従って、多くの技術者人口を必要とするようになりました。しかし、技術者の人口を増やすことに集中するあまりに、エンジニアに対するケアを怠りがちです。例え多くの人材を業界で獲得できたとしても、うつ病などにより消耗していては意味がありません。エンジニア人口を増やしていくと共に、システム開発に携わるエンジニアたちが、それぞれの職場で存分に能力を発揮できるような労働環境作りが必要です。

システムエンジニアは、開発会社に属して仕事に従事している事も多い事から、会社でのうつ病への対策が必要です。特に徹夜の厳しい仕事が続くような職場では、スケジュールの見直しなどによる労働環境の改善を図る必要があります。限られた人材を有効利用することは、経営者にとって必要な取り組みです。

また、システム開発に関わるエンジニア自身についても、自己管理能力を高めてうつへの対策を心がけることが大切です。開発の仕事のスケジュールが厳しいようであれば、体への精神的や肉体的な負担を軽減するための工夫に取り組んだり、あるいは自身を守るために別の職場へと転職する事も方法です。システムエンジニアの不足を招いている要因としては、その労働環境が厳しいという認知が進んでいることもあり、うつ病対策などの職場環境の改善を推し進めていくに従って、次第にシステムエンジニアの人口が増やしていけます。