システムエンジニアといえば、情報通信業種の中でも、仕事が忙しいとして知られています。しかしどのエンジニアも激務であるということは無く、またいつも忙しいというわけではありません。仕事が忙しくなる要因について探ってみれば、なぜシステム開発の仕事が忙しいかや、その対策方法について分かってきます。

システム開発の仕事が特に忙しいのは、開発対象となるコンピューターシステムのクライアントへの納期が迫っている時期です。業務システムは、必ず定められた納期に開発を間に合わさなければ、システムを必要としているクライアントのビジネスに対して大きな悪影響を及ぼしかねません。そのため、たとえ徹夜でも開発の手を休めるわけにはいきません。開発当初は、納期までに余裕あるスケジュールが組まれています。

しかし、開発途中で不測の事態が生じ、綿密に立てたスケジュールが守られないといったことがよくあります。情報通信の業種でクライアントから依頼を受けて、システム開発を行っている場合には、クライアントからの要請を断ることは難しいという事情も存在します。そのため、無理な要求を引き受けてしまい、さらにシステムエンジニアにとって開発の仕事が忙しくなります。この問題を解決するための対策としては、開発を始める始めの段階でクライアントと十分な意思疎通を行い、新たな仕様変更などの必要がないように、コミュニケーションを取ることが手段としてはあります。