多くのユーザーがコンピュータやスマートフォン、タブレットなどを用いてインターネット上のサービスを快適に利用することや、企業などが顧客の情報管理システムなどを入手するためにはシステムエンジニアの存在が必要不可欠です。この職業は、IT関連の職種の中でも最前線に立ってプログラムの制作に携わったり、顧客の会社へと出向き、サーバーの保全作業などを行ったりなどと、やりがいの感じられる仕事が多いものです。

このようなやりがいの多さなどからシステムエンジニアを志す人は多いが、一方でこの職業に従事しているためにうつ病を発症してしまうケースも存在するのであります。この職業の特色として、他の関連職業などと比べて労働環境が劣悪である場合が多いため、タイトなスケジュール構成やクライアントからの理不尽な要求などによって多くの労働を強いられるという点があります。サービス残業だけでなく会社への泊り込みなどといったものを強いられるといったケースも起こっているのが現状です。また、ストレスが多くたまるために人間関係が悪化しやすく、上司と部下との間でトラブルが起きてしまうこともあり、事態の解決に多くの気力を必要とするのです。

このように、システムエンジニアはうつ病を発症しやすい職業である一方で、この職業でしか体験することのない業務ややりがいなども多いために、多くのプログラマなどの技術者などにとって人気を集めているのです。激務ながらもやりがいや達成感を強く感じられるシステムエンジニアに転職したいと考える方はこちらのサイトを参考にしてみて下さい。<システムエンジニアの激務状況レポート>